香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > 今月の「つぶやき」

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
香水を買う楽しみ

July 2004
フレグランスショップが増えて取り扱われる商品も本当に増えました。 こう増えてしまうと、昔みたいに新作を発見する喜びが薄らいだ気がします。正直、得体の知れない商品はもういっか、とも思いますが、悲しいかなお店で見慣れないものを発見してしまうとどんな香りなのか試してみたくなってしまいます。

香りを創る調香師さんはこのたくさんの香りを記憶してるといいますが、さすがにMinminは持ってるコレクションの香りだって記憶があやふやです。これほどたくさんの商品が発売されていると、余程印象に残る香りじゃない限り記憶にまでには残らないのかもしれません。

香水は香りだけじゃなく、ボトルやパッケージやエピソードなどの全体の雰囲気やイメージで完成されるものだと思うので、やはりボトルが気に入ってるものとか、何かしらの特徴があるものはよく覚えています。

安いからとワゴンでざらっとまとめて買ったようなものは、記憶の中でそれなりの扱いをしちゃってるようで、というか、一個一個に思い入れがあって買ってないからかな、自分の中で印象が弱かったり、そんなに出番がなかったりします。でも、ワゴンセールでも、どれにしようか迷いに迷って買ったものなんかはちゃんとお気に入りになってたりするので、価格というより、どのくらい強い思いでゲットしたかどうかがその後の扱いに影響するんでしょうね。

ただ、買いやすいという利点はつい妥協して買ってしまうってことはあるかも。最近は販売する場所や個数が限られてたり、簡単に買えないような高級フレグランスも増えてきているので、迷いに迷って苦労して一本をゲットする楽しみは実はそんなところで体験できるのかもしれません。