香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > 今月の「つぶやき」

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
好きな香りを信じる

May 2003
時々折り込みチラシに「幸福になるお守り」とか「お金持ちになる財布」などの通販の広告が入ってることがあります。 いろんな購入者の体験談とともに3ヶ月効力がなかったら代金をお返ししますとまで書いてあったりします。
これ、実際は特別いいことがなくて商品を返品しようと思っても 「この3ヶ月病気にならなかったでしょ。」とか 「もっと酷いことになっていたところを現在の程度ですんだんですよ」 などと言いくるまれて代金は返ってこないんだろうなぁ、なんて想像しちゃいました。

幸福グッズにかぎらず、宗教だって、それを信じていないまますごした自分と信じてからの自分を比べるわけにいかないので、過去の自分か他人と比較してその効力を測るしかありません。
でも、もしかしたら信じていないまますごしたとしても同じ状況だったかもしれないわけで、そういうものの効果は永遠にナゾです。
ただ、ひとつだけ真実かも!と思えるのは、「自分自身が幸福だと思ったらその人は幸福」ってことかな。自分の人生の尺度くらい自分で決めてもいいよね。

香りだって自分が好きな香りだったら他人に鼻迷惑しない程度につける分にはどんな香りだっていいんじゃなかなぁと思います。たとえ年齢にしては大人びた香りたっだとしても子供っぽい香りだったとしても。

もちろん、他人の評価が大切な場面もあるので、そういう時は社会性を優先すべきだと思います。その判断がきちんとできるのが上級者なのかなぁ。

先日、私の苦手な香りを堂々とつけていてとても似合っていた人を見てそう思いました。好きにはなれない香りだったけどそんなに不快じゃなかったし、素敵でした。きっと雰囲気と状況にピタっとはまっていたからだと思います。

私もそんな素敵な人を目指そうっと(^^)