香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > 今月の「つぶやき」

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
香りを見極める

November 2002
初対面の人の印象が、いろいろ話してみると違っていたりすることってすごくよくあります。
たくさん話さなくても2回目に会ってみたら印象が違うこともあります。服装や態度、それに自分の気分によっても受ける印象が変わってくるのかもしれません。

フレグランスとの出会いも同様で、新作が出たといってお店に試しに行っても、そのときの体調や先入観などで印象が左右されます。
たとえば、試してみて「いいな!」と思っても次につけてみたら「あれ?こんなだっけ?」と思うこともあるし、「あまりたいしたことないな」と思った香りが、別の機会でもう一度嗅いでみたらなかなかいいと感じたりします。
直感というのも大切だけど、じっくりつきあって自分との相性を見極めるって大事かも。
友達選びにも、恋人選びにもね

ところで、香りは脳の記憶や感情をつかさどる部分に密接に係わっているので、あまりいい気分ではないときに初めての香りを試したりしない方がいいかもしれません。
むしろ、気分がいい時に香りを嗅いで「幸せな気分を思い出す香り」を作っておくのもいいですね。

ゲランにはそんなコンセプトのフレグランスオイルがあります。旅行用のラインなんですが、旅先でいい気分のときに使えば、次に使ったとき、その楽しかった気分を思い出す、というものです。 でも、もしその旅の最後に何か思い出したくないことが起こってしまうと、せっかくの刷り込み計画がパーになってしまいますが....。