香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > フレグランス講座

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
つけるタイミング

いつつける?

以前行った香水好き100人へのアンケート結果では、40人の方が出かけるとき、37人の方が朝の着替えのときつける、と答えています。

たいていはお出かけのときにつけますよね?
もし、デートのとき一番の演出を考えたら相手に会う時間と香り立ちの時間を計算してつけなくてはなりません。それにはどのくらいの量をどのくらいつけたらいいかということを香りの強さから逆算します。

お気に入りの香りが一番いい具合に香りのはつけてから何分後?何時間後?

さらに、気をつけなくてはならないことは、夏の弱冷房の締め切った部屋とか、冬の暖房ががんがんさせてある部屋だと思った以上に香りがこもってしまうことがあるってことです。
車に乗るときなんかは注意した方がいいです。まぁ、そんなに神経質になっても仕方ないですが、要するに、同じ香りでも、条件によってはつけかたを変えた方がいいということなんです。匂い玉になるのと香りが飛んでしまってせっかくのおしゃれが~という「失敗」では、後者の方が相対的ダメージが少ないので、香りの強いものを使うときは、つけてから時間が経ってから人と会うようにするのが無難でしょう。

この香り、お化粧直しのときに朝と同じ量をシュッとして大丈夫か?と、付ける前に考えることも大切です。
「今日は香りがきつい」と言ってくれる人が身近にいれば、それは大変ありがたいことです。いつもと同じなのにそう言われたら、いつもと何の条件が違うか探ってみるといいかも。

フレグランスは種類とつける人、環境によって実にさまざまな表情を見せます。誰かのマニュアルをうのみにして何も考えずその通りにする…んじゃなくて、それらを参考にして「自分の法則」を編み出してくださいね。

香りがきついと言われたら

さて、他人が「今日は香りがきつい」と発言するときは2つのケースがあります。

一つは本当に匂い玉状態になっているとき。
自分でもよく香りが感じられるなぁという場合、たいていは歩く匂い玉状態になっています。私も未だに失敗することがあります。
一度つけてしまったものは時間がたたないと薄まらないので本当に困ってしまいます。
自分の好きな香りだとついつい多めにつけてしまいがち。又、定番の香りだと、嗅覚が麻痺して、あまりつけていないような錯覚をおこしてしまいます。

二つ目はその人が苦手な香りのとき。
私のかつての職場の男性はなぜか柑橘系が苦手な人が多く、大好きなケーレックスとかつけていくと香りがきついと言われることが多かったです。(自分が好きな香りだったのでつい多めにつける傾向もありましたけど…)
一方でオリエンタル調のセクシーな香りというのも苦手な人が多いです。

柑橘系はパーンとはじけて目立つし、もうオリエンタル調は重くまとわりつく感じがするので、職場のような場所ではこの二つの系統は特に注意して加減した方がいいようです。
朝っぱらからオフィスでサムサラとかプワゾンをぷんぷんさせるのは、ちょっとねぇ。

香水の種類が星の数ほどあるということは、人の好みもそれだけいろいろってことですが、TPOを考えながら楽しめるようになったらビギナー卒業です。

ほんと、他人さまに鼻迷惑かけないように楽しまなくっちゃ。 >自分

このページはお役に立てたでしょうか?