香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > フレグランス講座

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
香り立ちの個人差

同じ香りを付けていても他人と香り立ちが違うと感じたことはありませんか?

とてもいい香りなので何を付けているか尋ねてみたら実はよく知ってるものだったりして、
「あれぇ、こんな香りだったっけ?」
なんて思うこと私はよくあります。自分で付けるエタニティは苦手だけど、他人が付けるエタニティはいい香りだなぁと感じたり。

これは、体温や体臭や肌質が個人によって違うためのようです。アルコール分が多いものや、柑橘系の香りは温度が高いとすぐに飛んでしまうので早くミドルノートやラストノートに変化します。

もちがいいのは一般的に香りが強いものですが、Parfum でも意外にもたないものもあります。
一説によると(昔 nifty の書き込みにあったのですが)シャネルのアリュールなどは Eau de parfum の方がトワレより早く香りが飛ぶんだそうです。

肌質による違いは体温の違いにも微妙に関係があると思いますが、乾燥肌の人は脂性肌の人より香りが飛ぶのが早いそうです。

脂性肌の人、それから太りぎみの人は香り立ちが強いので気を付けた方がいいとのこと。ダイエットなどで体質が変わると今までとは香り立ちが変わる、ということもあるようですから自分の体調などをよく認識しておくことが大切です。つまり、香り立ちは個人差があるうえに各々の体調にも左右されてしまうということなのですね。

女性の場合は排卵のリズムで体温が変化しますから、毎日同じ量を同じように考えなく付けるというのはちょっと怠慢な付け方ということになってしまうかも。 特に自分の香りを決めている方は同じフレグランスの強さが違うものを用意して使い分けたり、量を加減したり、思い切って何も付けない日もあった方がいいと思います。
気になる方はあまり自分の嗅覚ばかりあてにしないで、周りの人にも時々チェックしてもらうことをお勧めします。

さて、私の場合は、他の方に比べて甘い香りが残りやすい体質のようです。これはいろんな香りを試してみて発見したことなのですが、よく本などで、グリーン系とかシプレー系とかに分類されている香りがことごとくフローラル系に傾いてしまうのです。甘さのある香り以外はさっさと飛んでしまう条件が揃ってるんでしょうね。

だから、最初っから甘めにできているミュグレーのエンジェルなどはすーごく甘くなってしまうのかもしれません。

やっぱり香りって奥が深いわぁ。

このページはお役に立てたでしょうか?