香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > フレグランス講座

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
どこにどのくらいつける?

汗をかかない脈打つ場所につけるのが基本

手首につけて首筋にうさぎみたいにこすり付ける...というつけ方をする方もいらっしゃるようですが、あまり肌にこすりつけるのは良くないとされています。自然とアルコールが飛ぶのを待って乾燥させる方が香りに皮脂など混ざらずに香りが長持ちします。

Minminは全体でほんのり香らせたい場合と自分が楽しむためにつけたい場合で下半身につけるか、上半身につけるか決めてます。

胸元など直接自分の鼻の近い場所は香りに麻痺するので良くないとされていますが、香りの弱いものやつける量を加減して自分だけで楽しむなら個人的にはOKだと思います。あまりマニュアル通りにこだわらず場合によって自分なりに使い分けしてみるといいんじゃないかな。

また、強い香りは足首にシュッとしますし、コロンなんかは腕にシュッとします。よく、スカートのすそなんかにつけるといいと言いますが、そんなことをしたらクリーニングに出すまでそのスカートはその香りが抜けなかったりします。自分の香りを決めてる人ならいいんですけど、私は毎日気分で変えてしまうので、服と香りをあまり固定したくないんです。だから、もし衣服につけるんだったらすぐ洗濯できる下着類につけます。

一般的にフレグランスはアルコールなので髪につけるのも良くないとされていますが、うなじとか髪につけること、Minminはよくあります。

汗をかく場所は香りが変わってしまうので避けますが、髪は強い日差しにさらされるとかひどく痛んでいる、というわけでなければ問題ないように思えます。昔は黒髪命だったのでアルコールで痛んで赤っぽくなるのはご法度だったのかも?

この場合、シャンプーの香りはなるべくしないようなものを使うというのもポイント。 でも毎日湿るほどつけるのはNG。
気になるなら髪用の「ヘアミスト」がオススメ。髪用なのでアルコールなし、ライトな香りでタバコの臭いなどからもガードしてくれます。シャネルとかジバンシーなどで出してます。

髪といえば、サムライウーマンとかセクシーガールなどシャンプーラインも出しているフレグランスもあるので、これらの香りを愛用している方は統一するのもいいかもしれません。シャンプーはエルメスなんかでも出してます。(国内販売未確認)

あとは、女性の場合、コットンにつけて胸の谷間に入れてしまう方法。
これは入れる場所にご注意。ちょうど汗をかくところを避けて入れておきます。肌の弱い人は直接香水が触れないようにね。コットンは市販のやつを4分の一にカットしておくと便利だし、経済的よ!

男性は、あごの下に少しつけておくと、あとで手で擦ったときにふっと香るのが快感だと言っていた方がいました。これはちょっとMinminにはわからないわ~。

なかなか優雅な気分にさせてくれるのが、天に向かってシュッとしたところをくぐるつけ方。まさに、「香りをまとう」っていう感じなんだけど、このとき自分も天井を見てしまうと、落ちてくる香水の霧が目に入って痛いです。
お気をつけください。

このページはお役に立てたでしょうか?