香水情報Fra-min-GO!フレグランス紹介 > フレグランス講座

Fra-min-GO!
New SiteMap
 
香りの強さと濃度

賦香率とも言われる、フレグランスの濃度。 この濃度によって呼び名が違い、香りの持ちも違います。

Parfum

香水って言われるのは本当は Parfum という一番濃いもののこと。調香師さんが表現したかった香りそのものだったりするので、できればこの Parfum で楽しみたいところなんだけど、大抵めちゃくちゃ高価です。だいたい濃度25%くらいまでのもので、持続時間も5-7時間はもちます。

Eau de Parfum

次に濃いのが Eau de Parfum で、Parfum に近くてお値段も Parfum よりはお手ごろです。これも6時間くらいもったりします。だいたい 10%~15% くらいの濃度とされています。

Eau de Toilette

一般的なのが Eau de Toilette(トイレットじゃなくてトワレだよ!)。私が購入するのはほとんど、これ。
でもお気に入りはやっぱり Parfum か、それに近いものを買います。

ただ、どのフレグランスにも Parfum が存在してるわけじゃなく、ものによって Eau de Parfum しかなかったり、Toilette のみだったりします。もちは4、5時間ってところかな。だいたい甘い香りは長時間もつし、柑橘系の香りはあっという間に飛んでいきます。肌に直接の方が飛ぶのがはやくて、服についたりすると何日も香ることもあります。

Eau de Cologne

ほんのり、日常使いには Eau de Cologne がおススメ。お風呂あがりにパシャパシャできる手軽さとお値段のものが多いです。


いずれもアルコールでどのくらい薄めているか、ってことなので、アルコールが肌に合わない方はなるべくアルコールが少ない Parfum とか、ノンアルコールタイプのフレグランスを選んで、直接肌に付けないようにするといいと思います。

名称
濃度
香りの持ち

Parfum
パルファム

15-20%

5-7時間

Eau de Parfum
オーデパルファム

10-15%

5-6時間

Eau de Toilette
オーデトワレ

5-10%

3-4時間

Eau de Cologne
オーデコロン

3-5%

1-2時間


さて、ここまでがだいたいどの本にも書かれているごく一般的なこと。 でも、
「あれ、これ Eau de Parfum なのにすぐ香りが飛んじゃうぞ」
なんて思ったことありませんか?

賦香率は目安でしかない

実は Eau de xxx の濃度ってJIS規格みたいにちゃんと全世界共通に決まっているわけじゃなく、メーカーさんによって自主規格があって、とってもアバウトらしいんです。だから同じ Eau de Toilette でもメーカーによってコロンのような軽いものからパルファンに近い濃厚なものまであるんですね。

しかも、香料の原液だってもともとは天然のものですから、その時の豊作、不作で香りの成分に若干の違いがありますし、香りの種類によって強さが違いますから同じ10%の濃度でも感じ方は異なります。 香りの弱い香料ばかりを使っていれば、たとえ Eau de Parfum でも Eau de toilette と感覚的には変わりありません。 関係筋の話しだと、この幅の中で比較的「濃い」のはゲランのフレグランスだそうです。お値段が高いのも納得!かな?
ただ、一般的に価格の高い商品は持ちもいい、というイメージがありますが、高価な香料で軽い香りを創ることもあるので、必ずしもそうでもなかったりします。


と、いうわけで、賦香率は同じメーカー、あるいは同じ銘柄の香りの強さを比べるのにはいいのですが、そうではない場合、香りの持続性や強さを比べるには目安でしかないのです。ベテランの店員さんのアドバイスを仰ぐか、実際につけて試してみるのが一番確実です。

このページはお役に立てたでしょうか?