香りと音楽のコラボ

1/22/2009 - 1:51 pm by Minmin

FITS ニュースの方にも載せておきましたが2009年1月31日に発売するメンズ香水『Dramatic Parfums Homme?(ドラマティックパルファム オム2)』とタイアップした、「香り」と「音楽」のコラボレーションCD『Dramatic Parfums』(ドラマティックパルファム)が、1月28日(水)に「@LOUNGE RECORDS」よりリリース、だそうです。

10年くらい前かなぁ、香水販売元のフィッツ・コーポレーションの山田さんが、すでに音楽と香りの組み合わせって面白いと思うんですよねぇと話していたので、このニュース聞いてあぁやっと実現したのね、と思いました。フィッツはティーン向けのお手頃香水を販売したり芸能人を使ったクチコミ販売に成功して来た会社だけど、昔お会いしいた山田さんは見かけに寄らず(?)香りに対してはアーティスティックでロマンティックな感性を持ってたりする印象でした。

結局のところ香水ってファッションの一部でもあり、作品でもあり、ってことで宝石と同じような部類にあるわけで、時に人を癒し、誘惑し、演出するもの。おもちゃの指輪がある人にとって思い出深い大切な宝物であったり、何億もするダイヤモンドが人々を魅了したり…ということが香りでもあるんだと思います。
これは人の感性に訴えるものと共通項で、音楽もそうだし、絵画や映像や、およそ「アート」になりうるものはみんな持ってることなのかも。

ってことで今後こういう企画がいろいろ出て来ると面白いと思います。

ROCHAS ところで、今回の音楽と香りのコラボは業界初!というふれこみですが(日本では確かに初かも)余り知られてませんが2000年にロシャスのルミエールでコンピレーションアルバムが出ています。もっともこれは別々に販売されたというよりノベルティだったと思いますが。全曲古いですけどなかなかムーディでいい感じです。
参考までに曲名を載せておきますね。
01 Don’t make my brown eyes blue (Crystal Gale)
02 Ready to follow you (Dana Dawson)
03 Cry me a river (Mari Wilson)
04 California dreamin (Jose Felociano)
05 I am what I am (Gloria Gaynor)
06 Precious thins (Ray Charles & DeeDee Bridgewater)
07 More than I can bear (Matt Bianco)
08 Ain’t no sunshone (Oliver Cheatham)
09 With you I’m born again (Syreeta)
10 Classic (Adrian Gurvits)

持ってるのを自慢したかっただけだろうって?
あはは、そうです(^^;)

殺人香水って…

12/24/2008 - 12:34 am by Minmin

クリスマスを前に変な記事を発見。UAEとカタールで「殺人香水」の噂?
携帯電話のテキストメッセージで広まったもので、アブダビとカタールで、身元不明の香水業者が販売した無名の香水を使用した人びとのうち18人が死亡し、35人が病院の集中治療室で手当てを受けているという話。もちろん正式にそれは「デマ」であると警察発表があったわけなんだけど、香水がより生活に密着しているからこそ広まりやすい話なのかもしれませんね。物騒な噂は世相を反映してるのかも。

業界も大変だ

9/16/2008 - 3:42 pm by Minmin

先々週くらいにたまたま外資のファンドさんとか大手メーカーのエグゼクティブな立場の人と会食してサブプライムの話なんかしてて、金融株を損切りするかキープするか悩んでる人が「無くなる事は無いから持ってれば?」
なんて言われてたのを横でばくばく飲み食いしながら聞いてましたが、まさかリーマンブラザーズがこんなことになるとは思いませんでした。無くなってもメリルみたいにどこかが救済に入るだろうとみんな思ってたみたいです。

最近どの業界もいろいろ大変で、香水の国内取り扱い会社がいつの間にか変わっていたりネットショップのオーナー会社が変わっていたりめまぐるしいです。ブームが去って元の落ち着きを取り戻したと言えばそれまでなんですが、なかなか香水だけの商売というのはある程度の規模になってしまうと実際厳しいようです。今年もまだあと数ヶ月ありますが、本格的にリンク集を見直さなきゃなぁと思う今日このごろ。

そういえば以前断りも無く私のブログの文章をコピペしてたショップ、飛んだらしいという噂。以前にある卸が取引先の会社が飛んで真っ先に商品を取り戻しに行って被害を免れたという生々しい話を伺ったことがありますが、今頃みんな取り込みでしょうか。ひえ〜。

でも、苦しい時に助けてくれるか飛ばされるかのポイントのひとつは普段の行いじゃないのかなぁと「人の振り見て我が振り直せ」と胸に手を当てるMinminでした。

Jo Maloneついに日本上陸

8/28/2008 - 1:27 am by Minmin

JO MALONE 1994年にロンドンで誕生したブランド。スキンケアの先駆者であるアイリーンマローンの娘であるジョーマローンが顧客へのギフトで始めたナチュラルフレグランスが口コミ人気で今や香りのあるライフスタイルを提案するブランドに成長しました。
私はエルトンジョンプロデュースの限定フレグランス、ホワイトタイ&ティアラ以来のファン。エステーローダーグループなのでもっと早く上陸するかなーと思ってたんですが待たされました…。

でも普通のフレグランスブランドとしての扱いじゃなく、生活のあらゆるところで香りを楽しめる商品を提案するブランドとして展開するので、これは的を得ているなーと思った次第。
9/3から伊勢丹新宿店の2階にブティックがオープンします。(1階の化粧品コーナーじゃないですからねっ。ちなみにロクシタンとかオリジンズも2階に移るようです)親しい方や自分へのギフトとして使えます。
#というか、基本、ギフトラッピングです
ベージュに黒のリボンに抵抗感がある人がいるかもしれませんが、なかなかシックです。
#昔購入した時は紺だったような記憶があるんですが…

ということで(どういうことだ?)先日上陸記念のお披露目会のご招待状をいただき、全種類の香りを試したりハンドマッサージを受けたりできました。コロンなのに結構長持ち。ケイコメシェリやボディショップのフレグランスみたいに単品の他に重ね付けが楽しめるタイプ。微妙に表情の違う香りを3本くらい持ってるといろいろ楽しめます。

今Minminが狙ってるのはオープン記念に発売される伊勢丹限定ミニボトル6本セット。
内容はアンバー&ラベンダー、グレープフルーツ、ライムバジル&マンダリン、ポメグラネートノアール、オレンジブロッサム、ヴィンテージガーデニア、各9mlです。
ロンドンで売ってるのとほぼ同じものだと思いますが、日本発売のものはスプレータイプでした。

ちなみにジョーマローンはマクドナルドのお手拭きの香りをデザインしたことでも知られているようです。リネンスプレーなんかも揃ってます。

香水のオークション売買

7/1/2008 - 1:30 am by Minmin

香水ニュースにもリンクがありますが、LVMHグループ傘下の6社がオークションサイト、イーベイを訴えていた件、その判決、どーなることやらと思っていたらイーベイが損害賠償を払わなくてはならないことになったそうです。

これってニセモノをオークションで取引してるのを放って置いた、という部分はまぁわからないでもないんですが本物の香水の取引に対しても正当な販売ルートを侵害したとして、訴えていてこれも認められちゃったんですねぇ。

ということは、もうLVMHグループ傘下の香水はディスカウント販売は難しくなるってこと??
っていうかヤフオクは大丈夫??
ディオール(Dior)、ゲラン(Guerlain)、ジバンシー(Givenchy)、ケンゾー(Kenzo)の各社へ計325万ユーロ(約5億5000万円)の損害賠償を支払うことになるかもってことでイーベイはもちろん控訴。

もともとシャネルやゴルチェ、ケンゾーなどは流通がしっかりしていてあまりディスカウント業者に流れにくいと聞いてましたがディオールやジバンシーなども今後ますます締め付けが厳しくなるのかしら。
かつて世界一香水が安い国とも揶揄された日本でもユーロ高とかいろいろあって平行輸入屋さんの勢いがあまりなくなってきました。カジュアルやティーン向けは国内企画の製品が主流になってきそう。となるとナショナルブランドの製品もある程度整理されて国内入手の種類も限られて来るかもしれません。昔の優雅な香水の世界が戻ってくるのもいいけど、選択肢が狭まるとしたら、んー、それもちょっと残念。