香りで産み分け?

久々に長編ミステリーを読破。柄刀一の「ifの迷宮」というのだけど、もう発刊されて4年くらいになる本です。でもこれを読んでるとき、産院が中絶胎児を一般ゴミに出してたとか中国に中絶胎児の細胞移植に行く日本人のニュースとかあって、小説の内容とダブりました。意外と身近な話題??

出産時に排出される胎盤などが再利用されるのはいいのだけど、できれば無い方がいい中絶胎児をアテにするのは「望まない妊娠」を望んでるという感じですよねぇ…。「出来ること」と「やってもいいこと」が曖昧なままテクノロジーだけが進んでいくのはちょっと怖い気がします。

そういえば、今日ラジオの中で「香りを嗅いでいると女の子が生まれやすい」ということを言ってた香料会社の方がいましたが、これって「コンピュータの仕事をしていると男の子が生まれやすい」と言われているのと同じレベルなんですかねぇ。それとも何かホルモンバランスに影響するのかしら。しそうな気もしますが….。
日本より香りを日常的に使っていそうなフランス人の女児出生率はどうなんでしょう。どの香りが特に影響しそうなのかというのも気になります。

Leave a Reply

(香りの質問は「質問コーナー」へお願いします)

http://www.framingo.com/blog/?p=25You must be logged in to post a comment.