ウッドウォーカー

先日ちょっとお知らせしたイギリス発の新規香水ブランドというのは「レジェンドオブアロウ」というロビンフッドにちなんだブランドでした。ロビンフッドの話にロマンスがあったというのはあまり知らなかったけど….どちらかというと男の子向けの話しかと思ってたから。冒険あり、ロマンスあり、なら女の子向けアレンジの本もあっていいのに。

で、イギリスに物語の舞台になったシャーウッドの森というのがあり、そこの公認フレグランスが写真のウッドウォーカーだそうです。

名前や見た目がグリーンでエンヴィミー2みたいかと思いきや、グリーン系ではなくナチュラルフラワー系。強いて言えばランコムのミラクの系統かなぁ。
ミラクよりはライトな感じかも。意外と甘いバニラの香りが好きな男性がつけそうな感じもするけれど、このラブリーなチャームのボトルがお部屋にあるのはあまり想像したくないかも〜。

写真に一緒に写っているのは伝説の元祖フェロモン香水、ダナのタブー。といってもレルムとかみたいに本当のフェロモンが入ってるわけじゃなく、植物性のスパイス(クローブ)などで相手をクラッとさせるような香りなんですが….かなり「目立つ」香りです。つけこなしたら相当カッコいいです。クラブでゴルチェ姉さんに唯一勝てる香りかも。香水フリークなら知っておきたい名香ではあります。

で、なんで一緒に並べたかと言うと、「フレグランスな時間」というショップ番組でこの2本セットが紹介されたからです。
なかなかこの2本を同時に購入できるチャンスはないよなぁ、と思って。
なんせ全く系統が違う香りだからふらっと香水店に出向いて両方セレクトすることはないかも。でも通販の面白さって「自分じゃ絶対買わない」というものが届いてしまって、返品しようと思っているうちに、いつのまにか愛用してたり、という出会いがありますよね。(なので私は長年のフェリシモファンだったりします….余談)

参考サイト:SHOP.MOTV

2 Responses - “ウッドウォーカー”

  1. TOMさん Says:

    イギリス発ではなく、国産ですよ。
    倒産したサクセスドパリの国内代理店だった会社の新作だそうです。
    ロゴが子どもっぽいですよね。
    ターゲットは中高生な感じですねー。

  2. Minminさん Says:

    確かに企画は国産ですね。ブランドイメージはイギリス。で、中身はフランス製。
    最近はこういった日本企画の香水増えましたよねー。若い世代に受ける感覚って今や日本が世界に先駆けてるくらいなんで既存のものを探して持ってくるより自分たちで企画した方が手っ取り早いのかも。先日日本在住のアメリカ人がNYで渋谷や原宿でちょっと前に見ていたファッションが今頃大ブレークしてるのを見て驚いた、という話を聞きました。一方でオトナ向けの香りははめちゃ高級ラインのものや老舗ブランドのものが入ってきてたりして香りの商品も二極化してきてるんですかねぇ。

Leave a Reply

(香りの質問は「質問コーナー」へお願いします)

http://www.framingo.com/blog/?p=168You must be logged in to post a comment.