2006/04Archive for

ゴルチェサマー2006

2006/04/30 Sunday - 01:58:23 by Minmin

ゴルチェの今年のサマーフレグランスはカイトがテーマ。
2004年に海辺でたそがれていた二人は 2005年は海に潜ってましたが、今年は浜辺で寝転んで空を見ています。
白浜のビーチで寝そべると空には派手なカイトが空に舞う…というイメージらしいですが、この「インカ帝国」っぽいカイトはとても日本の凧とは似ても似つかない彩り鮮やかというか….正直「蛾?」と思ってしまうほどちょいとケバいです。
ってことで今年のボトルは見た目ちょっと苦手なんですが、クラシックの方は爽やか系ローズの香り、ル・マルはいつも通りクールでマイルド。
アルコールフリーのサマーフレグランスは初夏に向かって普段使いにも重宝します。5/3発売予定。

エスポアついに上陸

2006/04/25 Tuesday - 12:27:45 by Minmin

以前 「今月のプレゼント」で Minminの注目ブランドとして韓国の eSpoir を紹介したことがありますが、その新作がついに正式上陸です。
韓国は日本より香水ボトルの製作技術が発達してると聞いてますが(海外ブランドの発注を受けたりするので)このボトルもしっかりした感じでした。
香水の流行に関しては韓国は日本より一歩保守的…というか、ちょい前の日本と同じで、「お嬢様は香りをぷんぷん撒き散らすような、はしたない真似はしない」という意識がまだあるような気がしてます。(最近は違うかなー) 
そんな背景があるのかないのか、、私の知っているeSpoir の香りは、付けすぎても失敗しないような香りが多いです。
新作「ファン バイ エスポア」も付けすぎても失敗しないようなライトな香りです。
シャンプーの「フルーティフローラルの香り」みたいなイメージに近いかな。
酸味があって飛びやすいのか、店で試しにつけて10分歩いたらもう香りがわからなった、くらい軽いです。
家の中や学校みたいな場所なら丁度いいかも。
一般の「甘くて濃い」香りに慣れている人には物足りないかもしれませんね。
そんなわけで私はスティック状の練り香水をゲット。これだと香り立ちは弱いけどもう少し持続しそうです。
エスポアは韓国じゃ知れた化粧品会社が創っていて、たしか昔調べたときは日本のコーセーくらいの規模だったかな。今はさらに大きくなってるかも。ミョンドンの化粧品店の中に独立したブースを持っていて、私はそこで買いました。
人から聞いた話だと、エスポアさんは「韓国製」ということで安物イメージがついたりするのが嫌だから簡単に日本には進出はしない、と言ってたそうです。
韓国は日本よりネットが進んでるので数年前からかなりすばらしいサイトがありましたがハングルで読めなかった
日本に入って来ればいいのにー、と私が思ってその話を聞いたのはペ様がブームになる一歩前くらい。オトメの気持ちより実際のビジネスは遅いんですねぇ(笑)
(しかし…このポスターのアングル、どこかで見たことがあるような…)
公式ページはここ。
情報送っていただいたえびすさん、ありがとうございます!
続きは「裏」で。

マサキマツシマ エムミンティー

2006/04/23 Sunday - 19:54:06 by Minmin

マサキマツシマの新作が5/17の全国販売に先駆けて4/26に新宿伊勢丹で先行販売されます。アロマティックグリーンの調香。ミントティーの香り…というイメージなんですが、実際はアーデンのグリーンティをもう少しはっきりさせた感じです。
試した瞬間「お、ストライクゾーン」という感じの癒し系。
ミントといっても乾燥ミントリーフのような香りなので、スースー感が苦手な方もOK。
アーデンのグリーンティはレディースでしたが、男性にも愛用者が多く、ユニセックスとして紹介されていることがよくあります。このエムミンティーも、ボトルからメンズっぽいイメージも抱きますが、売り場では男女の垣根なく使えます、と説明するようです。(ちなみに、エムはメンズのエムじゃなくてmovement-動き- metamorphosis-変化- のエムらしいです)
色はきれいなミントブルー。ボトルデザインはあまり女性ウケする感じではありませんが、グリーンティ人気を考えると、これはかなり「香り」で売れそうな気がします。マサキマツシマは上代が高いのでショップのディスカウント合戦が見ものだったりして….
EDP 40ml 8,925円

エトロ ウェルビーイング

2006/04/19 Wednesday - 02:51:25 by Minmin

今日はシステム系のクライアントさんと「世の中景気よくなりましたよねー」という話になりました。まぁ、私のようなところに仕事の話がころがってくるくらいなのでそうなんでしょうね。せいぜいあやかりたいものです。(笑) 
で、伊勢丹新宿店のフレグランスコーナーで 5/14 まで数量限定でエトロの RESORT、RELENT、RAVING の3種類を販売するそうです。
エトロというと、セフォラが撤退して以来、一般の香水売り場では見なくなってしまって、しまった、あの時買っとくべきだったか….と思ったりもしましたが、しかし、150ml 11,550円です。
50ml として考えれば妥当なお値段ですが、一度に1万円を超えるのはなかなか気軽にゲット、と言う感じではありませんよね。
でも、こういう高額商品が紹介されるということは、やっぱり景気が戻ってきたんだな、と再認識。
で、この商品、2001年に発売されたシリーズかと思いますが、この中のリゾートは説明によるとシトラスフローラルっぽくてよさ気だったので、ラストのサンダルウッドがどのくらい残るかによっては購入を迷うかも….。
って自分の財布の景気は回復してないのに、誘惑に負けてちゃいかんよなぁ。

ウッドウォーカー

2006/04/18 Tuesday - 11:16:41 by Minmin

先日ちょっとお知らせしたイギリス発の新規香水ブランドというのは「レジェンドオブアロウ」というロビンフッドにちなんだブランドでした。ロビンフッドの話にロマンスがあったというのはあまり知らなかったけど….どちらかというと男の子向けの話しかと思ってたから。冒険あり、ロマンスあり、なら女の子向けアレンジの本もあっていいのに。
で、イギリスに物語の舞台になったシャーウッドの森というのがあり、そこの公認フレグランスが写真のウッドウォーカーだそうです。
名前や見た目がグリーンでエンヴィミー2みたいかと思いきや、グリーン系ではなくナチュラルフラワー系。強いて言えばランコムのミラクの系統かなぁ。
ミラクよりはライトな感じかも。意外と甘いバニラの香りが好きな男性がつけそうな感じもするけれど、このラブリーなチャームのボトルがお部屋にあるのはあまり想像したくないかも〜。
写真に一緒に写っているのは伝説の元祖フェロモン香水、ダナのタブー。といってもレルムとかみたいに本当のフェロモンが入ってるわけじゃなく、植物性のスパイス(クローブ)などで相手をクラッとさせるような香りなんですが….かなり「目立つ」香りです。つけこなしたら相当カッコいいです。クラブでゴルチェ姉さんに唯一勝てる香りかも。香水フリークなら知っておきたい名香ではあります。
で、なんで一緒に並べたかと言うと、「フレグランスな時間」というショップ番組でこの2本セットが紹介されたからです。
なかなかこの2本を同時に購入できるチャンスはないよなぁ、と思って。
なんせ全く系統が違う香りだからふらっと香水店に出向いて両方セレクトすることはないかも。でも通販の面白さって「自分じゃ絶対買わない」というものが届いてしまって、返品しようと思っているうちに、いつのまにか愛用してたり、という出会いがありますよね。(なので私は長年のフェリシモファンだったりします….余談)
参考サイト:SHOP.MOTV