2005/06Archive for

ブランドのプライド

2005/06/24 Friday - 02:13:31 by Minmin

かつて、ネットショップやディスカウントショップにこれほど香水が並んでいなかったとき、客の目の前で小分け販売もしてくれるお店がありました。基本的にはフルボトル販売なんですが、お試ししてからフルボトルが買えるのでとても重宝していました。そのお店が雑誌でとりあげられると、さっそく横槍を入れてきたのは某有名ブランド。薬事法違反をしてるんじゃないかとかいろいろと公的機関に訴えたようで、面倒になった店主は結局店をたたんでしまいました。
その勢いで今のネットショップは取り締まらんのかい、と思ったりしますが、それにしても有名ブランドのプライドはただものじゃぁありません。
雑誌への掲載も、ブランドに合わないと判断するとたとえ無料でも掲載お断りをすることがあります。掲載料を払っても載せてほしいところがあると思えば頼んでも掲載拒否。そうなると、そういうブランドと取引してるところは「ウチはXXとお付き合いがあるので」と少し誇らしげにステータスを主張したりすることがあります。
そういえば、某大手香水代理店は昔はどことでもおつきあいするような会社ではなかったのですが、昨今の平行輸入解禁でそんなことも言っていられなくなって、ディスカウントショップに卸すようになりましたが、ある香水店の主が「うちは○○○から仕入れていますので」と、とても得意そうに話していたのを思い出します。
実はその店のステータスが上がったのではなく、某大手香水代理店がプライドを脱ぎ捨てただけなんだと思いますが…。
それはさておき、ブランドの価値というものを少しは理解してあげなくちゃいけないなぁとも思います。価格的に同じだったとしてもAというブランドとBというブランドは土俵が違うということがありますし、歴史の重み、開発までのエピソード、オリジナル性など、やはりそれなりのブランド地位を築いているところはそれなりのバックグラウンドがあるもんです。

グレープフルーツとパインアップル

2005/06/21 Tuesday - 14:19:39 by Minmin

100人アンケートでも人気の高かったグレープフルーツ。パシャとかマットイエローとか、そういえばボディショップのグレープフルーツの香りもずっと欠品状態。
今回試してみたルーチェフレグランスのトゥープリンセスグリーンはグレープフルーツの皮をつまんで香るようなインパクトがあります。
2本セットのトゥープリンセスイエローはパインアップルですが、甘さはすぐ飛んで落ち着いた香りになります。
どちらも重ね付け用で、かなり飛ぶのが早い…というか、付けた時の香りの強さとその後の差が大きいです。これは単独で使うというより、普段使っている香りの上から気分でシュッとしてリフレッシュする、という使い方が良さそうです。逆に今付けている香りと喧嘩しないもんね。あ、あと今付けている香りを早く飛ばしたいときにも使えますね。
ボトルの形は雑誌などの写真ではわかりにくかったですが底がしぼんでいる絵の具のチューブ型になってます。

YSL ラブカラーコレクション など

2005/06/19 Sunday - 02:27:23 by Minmin

ベビードールのミニが急に話題になりはじめたと思ったらまたTVで紹介されたそうですね。今年のラブカラーコレクションは7/15発売予定とか。(ま、それもあってのTV放送だったんでしょうが。おととしのはせっかく独身の友人にプレゼントしたのに彼女は未だに独身 )
また、歴代限定もの4個セットの免税店バージョンもあり、私はこっちが欲しい〜。ここにきてやっと個別箱入りを作ったんですね、サンローランは。ということは今後このミニが出回りそうなのでゆっくりゲットする機会を待ちます。カラーコレクションがあれだけ残ってるくらいなのでそんなに焦らなくても大丈夫かも
あと、フラワーコレクション2005という免税店バージョンも発売するそうです。オピウム フルール ド シャンハイ のミニが欲しいかな。あとはベビードール、インラブアゲイン、パリ ローズアンシャンテのセットです。
本当にトムフォードがいなくなったとたんすごい勢いですね、サンローラン
一方のトムフォードはエスティに行ってどんな香りを出してくるのか楽しみです。エスティといえばミッソーニとライセンス締結したそうな。ミッソーニも香水出してますからね。あぁ、新作から目が離せない〜。

ロクシタンのグリーンティ

2005/06/18 Saturday - 21:15:12 by Minmin

街を歩いていたらふっといい香りが…
しかし辺りを見回してもそんないい香りをつけてそうな人がいない(失礼 )
うーん、何の香りだったんだろう。花の甘い香りでした。
そそくさと通り過ぎたおばさんだったのかも….?
電車に乗っていたら斜め前のお姉さんがアイメイク中。しかもライナー、シャドウ、マスカラというプロセスを両目に施すのではなく、片目を仕上げてから行うという不思議な手順。片目が出来上がったときには「劇的ビフォーアフター」を見ることが出来て興味深かったです。あれだけ変わるということを自分でも確認したかったのかなぁ。
ホテルビュッフェでランチしていたら親子連れのお母さん、いきなりフルーツ山盛りでスタート。もしかして野菜とフルーツだけしか食べないとか、ダイエット中とか?と思っていたらそのあとがんがん肉料理も食べていてしかもケーキてんこ盛り。この食欲を少しでも抑制しようと、最初に水っぽいフルーツを食べていたのかなぁ。でもあれだけ食べて結構スリム。ちょっとうらやましいと思っちゃいました。
帰りにロクシタンでグリーンティの香りをチェック。
アーデンよりはブルガリのオパフメ寄りの香りの印象。ミントグリーンティの方が甘みがあってアーデンっぽいかな。個人的にはグリーンティの方がすっきりしていて好みでした。気軽に使えて持ちがいいソリッドパフュームが良さそうです。

クマリン

2005/06/08 Wednesday - 11:20:15 by Minmin

TVで干草風呂というのを紹介していました。クマリンという成分が血液をさらさらにする働きがあり、血行を良くすることで美容健康にいい、ということらしいです。
クマリンといえば、フゼアノートの香水には欠かせない香料のひとつ。
グリーン系、ちょっぴりパウダリーなこの香料はシプレーとかリラの花の香りを表現するのにも使われます。血液さらさらにしてくれるなら飲んで大丈夫か、というと食用香料としては使用禁止なんですね。(干草食べてる牛は大丈夫なのかな? )
自然なものならなんでも安全と思っちゃいけないですね。あのイタ飯にはつきもののバジルを精油にしたものだって致死量というものが存在するんですものね〜。