2005/02/02Archive for

価格競争ではない道

2005/02/02 Wednesday - 12:43:37 by Minmin

私は「れっつらー」です。
「れっつらー」というのはパナソニックの Lets’s Note愛用者のことです。なんと自分が所有する3台すべてが Lets’s Note です。
一番気に入っている小型の Note はパナソニックの直販サイトで購入しました。量販店で購入するより高いのですが、色やスペックをカスタマイズでき、名入れもしてくれます。仕事で持ち歩くので人目につきますから、少しでもおしゃれなものが欲しくて注文。2年が経ちました。
保障期間は普通は1年ですが、直販サイトなら3年保障です。海外にも持ち運び酷使していますがまだ安心です。そしてもうひとつの特典が一回パソコンクリニックを受けられること。
(なんか、書いててパナソニックの回し者みたいな感じになってきたな )
このパソコンクリニック、送料だけで動作確認とかバッテリーチェックとか人間ドックみたいに検査してくれるんですが、送ってから丸3日で手元に戻ってきました。その早さにびっくりです。
「ちゃんと見てくれたんか〜」
と少し疑いつつ見てみると中に担当者の写真付検査結果報告書が入っていて、さらに腐食しかけてたキーボードや、塗装がすこし剥げかけていたパームレストがきれいに交換されていました。
実はこのキーボードの腐食は香水をスプレーしたときかかってしまったのと、パソコン見ながらラーメンすすった時の汁が飛んで錆びたのです。もうあきらめていた汚いキーボードがすっかり新品になったので
「今度から汚さないように気をつけよう」
と心に誓いました。
このサービスをもうちょっと前に体験してたら、もしかすると3台目も直販サイトで購入したかもしれません。予算上20万未満にしたかった、ということもありますが、価格.comで一番安かった店が取引先の近所だったのでそこで買ってしまいました。
価格で勝負しないショップの生き残りは安売り店との差額分「お得だな」と思わせる点にありますね。
上記の直販サイトはそこでしかないサービスがてんこ盛りです。このサービスに価値を見出せない人は何も高い価格で買いませんが、Let’s Note を選ぶユーザーが気に入りそうなサービスを用意しているところがうまいなぁと思います。
価格競争したくない香水ショップは、価格を下げられない分のサービスをどうするか。そしてそれをどうアッピールしていくか。がんばってるショップには辛口ですが、香りをアドバイスできます、というだけではもう足りない時代にきているのではないかと思いました。